キャッシングは想像していたものと違っていました

消費者金融のキャッシングを利用する前までは私もいろいろと心配に感じていたことはありました。

いちど借りてしまうと元本は減らずに利息ばかりが膨らんでしまい、いつまで経っても返し終わらなくなってしまうのではないかなど勝手に想像して怖がっていたのです。

キャッシングに対して同じような印象を持っている方は多いのではないかと思われます。

このような勝手な妄想は概して間違っていることが多いと思いますが、消費者金融のキャッシングについてもそれは同じことが言えると私は考えています。

ある事情で消費者金融のキャッシングを利用しなければならなくなったのですが、実際に申し込みをしてみて、そしてキャッシングでお金を借りて返済してみて消費者金融のキャッシングは私が想像していたものとは違うということが判りました。

例えば、消費者金融のキャッシングには総量規制という決まりがあり、申し込みをした者は年収の3分の1までしか借りることが出来ないようになっているのです。また、借入限度額というものもあり借りられる金額に上限が設けられているのです。

このような規制があるので幾らでも借りられるという事はなく、自然と返済しやすい金額しか借りられないようになっているのです。私の場合は10万円までしか借りることはできませんでしたが、つい借り過ぎてしまう心配がないので良かったと思えました。

想像していたものと実際のものが違うということはありますが、私にとってキャッシングはまさにそれでした。

このページの先頭へ