信頼が高いと評価されるとフリーターでも審査に通ります

私の友人のひとりに消費者金融のキャッシング利用者がいました。

私もフリーターですが、その友人もフリーターです。

フリーターなのによく消費者金融の審査に合格することができたなと私などは感心していました。

よくアルバイトやパートでも消費者金融の審査に合格できると聞きますが、その友人を見るとそれは本当のことなんだと思っていたものです。

フリーターの友人が消費者金融の審査に合格できたのは、その友人が真面目に働いているのが要因なのだと思います。

その友人はフリーターですが年収が200万円は超えていて、勤続年数も5年間ほどはあるのです。こういったことが審査で信頼できる人物だとして評価されたのではないかと思います。

ちょっと聞いた話しによると、正社員のひとでも転職を繰り返して勤続年数の短いひとは審査に落ちることがあるようです。転職を繰り返していて勤続年数が短いと、お金を貸してもちゃんと返してくれるのかと疑問を持たれてしまうのかも知れません。

消費者金融の審査に合格するにはフリーターより正社員のほうが有利たどは思いますが、場合によってはフリーターのほうが信頼できると評価されることもあるようです。私もいつ消費者金融のお世話になるか判らないので真面目に働いていこうと思っています。

このページの先頭へ